論文 18 最高の三位一体人格

   
   Red Jesus Text: On | Off    Paragraph Numbers: On | Off
 印刷用 印刷用

論文 18

最高の三位一体人格

崇高の三位一体人格はすべて、特定の勤労のために創造される。それらは、ある種の明確な職務遂行のために神の三位一体によって考案されており、極致の方法と究極の献身で仕える資質をもっている。崇高の三位一体人格には7系列がある。

1. 崇高者の三位一体化の謎のもの

2. 日の永遠なるもの

3. 日の老いたるもの

4. 日の完全なるもの

5. 日の若きもの

6. 日の和合なるもの

7. 日の誠実なるもの

行政において申し分のないこれらの存在体は、明確で最終的な数である。これらの創造は、過去の出来事であり、もはや創造はされていない。

崇高の三位一体人格は、壮大な宇宙全体において楽園の三位一体の施政方針を示す。それは、正義を示しており、楽園三位一体の執行判断である。それは、父の楽園球体から地方宇宙の本部世界とその構成星座の首都にかけての行政充実かかわる相互的進路を形成する。

三位一体起源の全存在体は、その全神性属性における楽園の完全性をもって創造される。時間の経過は、経験の領域に限り宇宙勤労のための準備に加わえられた。何らかの不履行の危機、あるいは反逆の危険性は、決して三位一体起源の存在体には存在しない。それらは、神性本質であり、人格行為に関わる神性かつ完全な道からそれることはついぞなかった。

1. 崇高者の三位一体化の秘密

楽園の衛星の最深部の回路には7つの世界があり、揚々たるこれらの各世界は、崇高者の三位一体化の秘密の10軍団により統括されている。それらは、創造者ではないが、最高かつ究極の行政者である。兄弟のようなこれら7球体に関わる業務処理は、70名の最高指揮官からなるこの軍団に完全に委任されている。三位一体の子孫は、最も近くの楽園のこれらの神聖な7球体を監督しているが、この世界集団は、宇宙なる父の個人的回路として一般に知られている。

崇高者の三位一体化の秘密は、調整と共同の指揮官として1組10名の集団で機能するが、また、責任ある特定分野で個別に機能するこれらの特別な各世界の任務は、7主要部門に分割されており、その調整支配者のうちの1名は、そのような専門活動の各部を取り仕切る。残る3名は、他の7名に関係しており、1名は父を、1名は息子を、そして1名は精霊を代表して、三位一体の神格の人格代表者として行動する。

崇高者の三位一体化の秘密の特徴を表す明確な階級的類似はあるものの、異なる7集団の特性も明らかである。ディヴィニントン業務の10名の最高指揮官は、宇宙なる父の個人的な特徴と性質を反射している。7球体のそれぞれも同様である。10名からなる集団のそれぞれが、その領域の独特である神格または神格関係に類似している。アセンディントンを統治する10名の指揮官は、父、息子、精霊の結合された本質を反射している。

私は、それらが本当に崇高者の秘密であるので、父の神聖な7世界のこれらの高い人格たちの仕事についてほとんど明らかにすることはできない。宇宙なる父、永遠なる息子、あるいは無限の精霊への接近に関連づけられる船団的な秘密というものは、まったくない。神格は、神性の完全性に達するすべてのものに容易に知れるものであるが、すべての崇高者の秘密が、決して完全に達し得るというわけではない。我々は、七重の系列の被創造物との神格関係に関わる人格の秘密を包含する領域を完全に見抜くことはいつまでもできないであろう。

これらの最高の指揮官は、宇宙存在体の基本的なこれらの7集団との神格の親密かつ人格的な接触に関係があるので、特別な7世界に居を定めるとき、あるいは壮大な宇宙全体において機能している間、これらの非常に個人的な関係と並はずれた接触は、神聖に秘密に保たれるということが適切である。楽園創造者は、下級の創造物に関してさえその人格の私事と尊厳を重んじる。そして、これは個人と人格の変化に富む個々の系列双方に本当である。

より高い宇宙到達の存在体にとり、これらの秘密世界は依然として忠誠に対する試練としてある。それは、完全に、しかも個人として永遠の神々を知るために、神性と完全性をもつ神の特徴を自由に知るために我々に与えられるが、楽園支配者の被創造物とのすべての人格的な関係を十分に探求することが我々に許されているというわけではない。

2. 日の永遠なるもの

ハヴォーナの10億の各世界が、崇高の三位一体人格の指揮を受ける。これらの支配者は、日の永遠なるものとして知られており、各ハヴォーナ球体に1名ずつおり、ちょうど10億を数える。それらは、楽園三位一体の子孫であるが、崇高者の秘密のようにその起源に関する記録はない。すべてに賢明な父のこれらの2集団は、絶えず楽園-ハヴォーナ体制の絶妙の世界を統治してきたし、交代も配置転換もなく機能する。

日の永遠なるものは、それらの領域に住む意志を持つすべての創造物に見える。日の永遠なるものは、惑星の定期の秘密会議の議長をする。定期的に、しかも交代で、7宇宙の本部球体を訪れる。日の永遠なるものは、日の老いたるものに密接につながっており、7超政府の将来の目標を統括する日の老いたるものに神性面において同格である。日の永遠なるものが自分の球体を留守にするとき、その世界は三位一体の教師たる息子が指揮にあたる。

中央宇宙のハヴォーナ出身者や他の人間や動物といったような確立された生命系列を除き、居住する日の永遠なるものは、完全に自身の個人的な考えと理想に沿って各球体を発展させてきた。日の永遠なるものは、互いの球体を訪ねるが、複製をしないし模倣もしない。つねに、しかも完全に原型である。

構造、自然の装飾、モロンチア構造物、および精霊創造は、各球体に限られており特異である。あらゆる世界は、永続する美の場所であり、中央宇宙の他のいかなる世界とは完全に異なっている。そして、あなたは、ハヴォーナから楽園への途中にこれらの特異で胸躍る球体において長い、あるいは、短い時間を過ごすであろう。あなたの世界において楽園が上方であると話すことは自然であるが、上昇の神性目標が内向きであると言及するほうがより正しいであろう。

3. 日の老いたるもの

時間の必滅者が、地方宇宙の本部を囲む訓練世界を卒業し、それぞれの超宇宙の教育球体へと達するときには、日の老いたるものを含む高位の精霊的支配者と指揮官を認識し、意思疎通を図ることができるその程度への精霊的発達において前進しているのである。

日の老いたるものは、基本的には全員がまったく類似している。日の老いたるものは、三位一体の結合された特徴と統一された本質を明らかにする。日の老いたるものは、個性をもち、人格面においては多様であるが、主たる7精霊のようには互いに異なってはいない。日の老いたるものは、その他の点では明確かつ隔離された特異な創造である異なる7超宇宙それぞれに同一の管理職を与える。主たる7精霊は、性質と属性の面においては異なるが、日の老いたるものは、つまり超宇宙の個人的な支配者はすべて、一様であり、楽園三位一体の超完全無欠の子孫である。

天の主たる7精霊は、それぞれの超宇宙の性質を決定するが、日の老いたるものは、これらの同じ超宇宙の行政を決定づける。日の老いたるものは、創造的な多様性に行政の同一性を重ね合わせ、壮大な宇宙の7区分集団の基本的な創造上の差をものともせず全体の調和を保証する。

日の老いたるものはすべて、同時に三位一体化された。日の老いたるものは、宇宙の中の宇宙の人格記録の始まりを表す。ゆえに、その名前は—日の老いたるもの。あなたが、楽園に達し、ものの始まりの書かれた記録を捜すとき、人格の項に現れる最初の記入がこれらの21名の日の老いたるものの三位一体の詳説であることがわかるであろう。

高位の存在体は、つねに3名1組で治める。それらが個人として働く多くの活動局面があり、どの2者においても機能ができるのであるが、行政のより高い球体においては共同で行動しなければならない他の局面がある。高位の存在体は、決して個人的に自己の居住世界を去ることはないが、それどころか、これらの世界は広範囲の反射体制の超宇宙の中心点であるので去る必要はないのである。

日の老いたるもののそれぞれの3名組の個人の住まいは、本部球体の精霊的極性の場所にある。そのような球体は70の行政区画に分割され、日の老いたるものが時々住まう70の分割上の首都がある。

日の老いたるものは、力、権限の範囲、司法権の範囲において時-空間創造の直接支配者のいずれもが最も強力かつ強大である。宇宙の中のすべての広大な宇宙において、ただ日の老いたるものだけに意志をもつ創造物の永遠の消滅に関し最終的な行政判決の強大な権限が付与される。また、3名のすべての日の老いたるものは、超宇宙の最高裁決機関の最終判決に参加しなければならない。

日の老いたるものは、神格と楽園のその提携者たちは別として、すべての時-空間存在の中にあって最も完全で、最も万能で、最も神らしく賦与された支配者である。明らかに超宇宙の最高の支配者である。しかし、それらは、この統治する権利を経験上獲得してきたのではなく、したがって、いつか崇高なるもの、すなわち経験に基づいた主権者に取って代わられる運命にある。日の老いたるものは、確かに主権者の代理人になるのである。

崇高なるものは、ちょうど創造者たる息子が経験的に基づいて地方宇宙の主権を獲得するように、経験的奉仕によって7超宇宙の主権を達成している。しかし、崇高者の未完成の発展にある現代、日の老いたるものは、発展する時間と空間の宇宙の調和のある完全な行政上の管理を提供する。そして、独創性の英知と個性の自発性が、日の老いたるもののすべての命令と裁定を特徴づけている。

4. 日の完全なるもの

110名の日の完全なるものがおり、それらは各超宇宙の主要区域の政府を統括する。日の完全なるものは、超宇宙指揮官を補助する特別任務のために三位化されており、日の老いたるものの即座の、個人的な代理人として統治している。

日の完全なるものは、主要領域の各首都に割り振られるが、日の老いたるものとは異なり、いつも3名全員が臨場する必要はない。時々、この3名中の1名は、自分の領域の福祉に関し日の老いたるものとの直接の打ち合わせのために欠席するかもしれない。

主要領域のこれらの三位一体の支配者は、行政内容に格別に精通しており、それ故その名は ― 日の完全なるもの。精霊世界のこれらの存在体の名前を記録する際に、我々は、あなたの言語に翻訳する問題に直面するし、満足できる翻訳を提供することは非常に多くの場合きわめて難しい。我々は、あなたにとって無意味な任意の名称の使用を好まない。したがって、あなたにとり明確で、同時にいくらかその起源を代表するような適切な名前を選ぶことが、我々には難しいことがよくある。

日の完全なるものには、神性顧問、英知の遂行者、宇宙検閲官の中規模の軍団がある。さらに大勢の強力な使者、権威高きものたち、名前と番号を持たないものたちがいる。しかし、主要領域の業務に関する通常業務の多くは、天の守護者と高位の息子の補佐により遂行される。これらの2集団は、楽園-ハヴォーナ人格か、または栄光の人間終局者のどちらかの三位一体化の子孫の中から選ばれる。創造物-三位一体化の存在体のこれらの2系列のうちのあるものは、楽園神性により再び三位一体化され、次に超宇宙政府の行政を補佐するために派遣される。

天の守護者、それに高位の息子の補佐の大半は、大小の主要区域の奉仕に割り当てられるが、三位一体の守護者 (三位一体に抱擁された熾天使と中間者)は、3区分すべての法廷の役員であり、これらの役員は、日の老いたるもの、日の完全なるもの、および日の若きものの裁決機関において機能する。三位一体化の使節 (息子の、あるいは、精霊に融合された本質の、三位一体に抱擁される上昇の人間)は、超宇宙のどこにおいても遭遇するかもしれないが、大半は小区域の奉仕に従事している。

7超宇宙の政府案の完全な展開時代に先立ち、日の老いたるものを除くこれらの政府関係する様々な区域の事実上すべての行政者は、完全なハヴォーナ宇宙の様々な世界の日の永遠なるものの下での異なる見習期間を勤めた。後の三位一体化の存在体は、同様に日の老いたるもの、日の完全なるもの、および日の若きものへの奉仕のために派遣される前に、日の永遠なるものの下で訓練時季を通過する。後の三位一体化の存在体は皆、熟練した試練に耐えた、経験豊富な行政者である。

これらの高貴の支配者は、時間の上昇する創造物にむけての高度の訓練のための70の主要な活動区域世界に密接に関連しているので、あなたは、小区域世界におけるあなたの滞在後にスプランドンの本部に達すると早い時期に日の完全なるものに会う。日の完全なるものは、主要な活動区域の上昇する卒業生の集団誓約を執り行う。

7個の小区域の教育球体でのより物理的で物質的な訓練の特徴と比べ、また、超宇宙本部の490の大学世界にでの精霊的な仕事と比べ、主要区域本部を囲む世界の時間の巡礼者の仕事は、主に知的性質のものである。

あなたは、その起源の地方宇宙を包囲するスプランドンの主要区域にのみ登録されるのであるが、我々の超宇宙の主要な10区域のすべてを通り抜けなければならないであろう。あなたは、ユヴァーサに達する前に30名すべてのオーヴォントン日の完全なるものを見るであろう。

5. 日の若きもの

日の若きものは、超宇宙の最も若い崇高なる指揮官である。日の若きものは、3名からなる集団で、小区域の業務の統括をする。それらは、本性においては、日の完全なるものと調整しているが、行政権においては従属的である。人格的に栄光ある、しかも、神らしく有能なこれらの2万1千名の三位一体人格がいる。日の若きものは、同時に創造され、日の永遠なるものの下においてハヴォーナ訓練をともに経験する。

日の若きものは、日の完全なるものそれと同様の仲間と補佐の軍団を持っている。さらに、日の若きものは、天の存在体の莫大な数の様々な下位の系列を自分たちに割り当てた。小区域の行政には、数多くの居住の上昇者、様々な優待居留地の職員、および無限の精霊に起源をとる様々な集団を採用している。

小区域の政府は、排他的ではないが超宇宙の重大な物理的問題に甚だ多大に関心がある。上昇する人間は、これらの世界では崇高なる力の中枢の第3系列と熟練の物理制御者の全7系列の活動調査に関係する研究と精査を継続する。小区域球体は、熟練の物理制御者の本部である。

小区域の体制は、広範囲にわたり非常に物理的問題に関係があるので、その3名の日の若きものは滅多に首都球体には一緒にはいない。1名は、たいていの場合、統轄する主要区域の日の完全なるものとの会議で離れているか、または、三位一体起源の高位の存在体の楽園秘密会議において日の老いたるものを代表するその間中留守にしている。日の若きもの3名は、楽園の最高協議会において日の老いたるものを代表するにあたり日の完全なるものと交替する。その間、別の日の若きものは、自分の管区に属する地方宇宙の本部世界の視察旅行で離れているかもしれない。しかし、少なくともこれらの支配者の1名は、絶えず小区域本部に勤務して居残っている。

あなた方は皆、主要区域の訓練世界へと内部に向かう途中に彼らの手を借りなければならないのであるから、あなたの小区域であるエンサを担当する3名の日の若きものをそのうち知るであろう。あなたは、ユヴァーサ上昇に際し小区域訓練球体の1集団だけを通過するであろう。

6. 日の和合なるもの

「日」の系列の三位一体人格は、超宇宙政府の段階より下の行政能力における機能はしない。発展する地方宇宙においては、単に相談役や助言者として務める。日の和合なるものは、楽園三位一体により地方宇宙の二重の支配者に認可された渉外人格の集団である。組織化された生息化の各地方宇宙は、三位一体の、またある点では宇宙なる父の地方創造への代表として活動するこれらの楽園顧問の中の1名をそれに割り当てた。

全員が任命されてはいないとはいえ、これらの存在体は70万もいる。日の和合なるものの予備部隊が、宇宙調整の最高協議会として楽園において機能する。

これらの三位一体観察者は、特別な方法により地方宇宙の行政活動から区域政府の行政活動を経て超宇宙のそれへと宇宙政府の全支部の行政活動を調整する。ゆえにその名前は―日の和合なるもの。日の和合なるものは、上司に3部からなる報告書を提出する。小区域の日の若きものには物理的で準知的な性質の関連資料を作成する。主要区域の日の完全なるものには知的で準精霊的な出来事を報告する。超宇宙の首都の日の老いたるものには精霊的かつ準楽園的事柄を報告する。

それらは、三位一体起源の存在体であるので、全楽園回路が相互通信のために利用可能であり、したがって、いつも相互の、また楽園の最高協議会に至る他のすべての必要とされる人格との連絡をとるのである。

日々の和合のものは、組織的には自己の職務の地方宇宙政府とは繋がってはいない。観察者としてのその義務は別として、単に地方当局の依頼により行動する。日々の和合のものは、地方創造の主要である全協議会の、また重要な全秘密会議の職権上の構成員であるが、行政問題の技術的検討には参加しない。

地方宇宙が光と生命に定着すると、その栄光の存在体は、進化の完全性のそのような領域において拡大された能力でそのとき機能する日の和合のものと自由に作用し合う。しかし、それでもまだ、主としては三位一体の大使であり、楽園の顧問である。

地方宇宙は、二元的な神格起源の神性の息子により直接に統治されるが、その神性の息子の側には絶えず三位一体起源の人格である楽園の兄弟がいる。地方宇宙の本部からの創造者たる息子の一時的不在に際しては、代理支配者は、重大な決定において大きくは日の和合のものの助言に導かれる。

7. 日の誠実なるもの

これらの三位一体起源の高位の人格は、各地方宇宙の中の100の星座の支配者への楽園助言者である。7,000万の日の誠実なるものがおり、日の和合なるものと同じく、全員が、勤務中というわけではない。楽園予備部隊は、相互宇宙倫理と自治諮問委員会である。日の誠実なるものは、予備部隊の最高協議会の判決に従い勤務を持ち回りで担当する。

地方宇宙の創造者たる息子にとっての日の和合のものは、その地方創造の星座を統治するヴォロンダデクの息子にとっての日の誠実なるものである。それらは、この上なく熱心であり、したがって、配属星座の福利にこの上なく貢献し、神々しく忠実である。だからこそその名前は―日の誠実なるもの。日の誠実なるものは、単に相談役として務める。星座当局の招待の場合を除き、行政活動には決して参加しないのである。星座本部を囲む建築訓練球体の上昇の巡礼者への教育奉仕活動にも直接関係していない。そのような仕事のすべては、ヴォロンダデクの息子の監督下にある。

地方宇宙の星座において機能する日の誠実なるものは、日の和合のものの管轄にあり、直接日の和合のものに報告をする。通常は地方宇宙内での相互関係において自己限定状態にある日の誠実なるものは、広範囲の相互通信の体制にはない。ネバドンに勤務中の日の忠誠なるものは、この地方宇宙に勤務中の自らの系列の他のすべてのものと連絡をとり合うことができる。

宇宙本部の日の和合のもののように、日の誠実なるものは、そのような領域の行政指揮官の個人的住居とは別に星座首都にそれぞれの個人的住居を維持する。その住まいは、星座のヴォロンダデク支配者の家と比較し実にこじんまりとしている。

日の誠実なるものは、万物の中枢近くの宇宙なる父の神性球体から地方宇宙の主要区域までの長い行政的-顧問の連鎖の最後のつながりである。三位一体起源の体制は星座で終わる。そのような楽園助言者は、永久に、惑星の構成体系には、または、生息界には配置されない。後者のこれらの行政単位は、完全に地方宇宙出身の存在体の管轄下にある。

[ユヴァーサの神性顧問による提示]

Foundation Info

 印刷用 印刷用

Urantia Foundation, 533 W. Diversey Parkway, Chicago, IL 60614, USA
Tel: +1-773-525-3319; Fax: +1-773-525-7739
© Urantia Foundation. All rights reserved